医療に関する法律

2015年には、看護師が実施できる医療行為が増えるんだそうですね。現在では、看護師は内診をすることができないし、動脈注射などもできません。ほかにもできることとできないことがいろいろありますが、たとえ知識があっても医者ではないから、できない医療行為あるということは歯がゆい思いをすることも、まれにあるのではないでしょうか。
でも、看護師でも自分の意思で点滴や気管挿管といったことが行えるようになるんだとか。
看護師が自分の意思で行えることが増えることによって、病室で体調を崩した患者がいても、医師の到着を待つことなく看護師の判断で処置を行うことができるのなら、最悪なことになる前に助かる人も増えるかもしれませんね。
数年前には、救命士が行えなかったことも法律の改定によって行えるようになったことが増えたりして、どんどん医療に関する法律というのは変わっていますよね。あと何年もすれば、もっと変わっていくのかもしれませんね。
看護師転職ランキング